日本酒会 イベント案内1 of 酒屋はやし コンテンツ

日本酒会『名古屋 純米燗 三蔵の会』 開催のお知らせ

 主催 酒屋はやし 酒のなかや

満席となりました。 

多数のお申込みありがとうござました。キャンセル待ちの希望の方のみ、受付させていただきます。

蔵元さんと一緒にお酒を呑んで、お話をしよう

今回の日本酒会は、「全量純米蔵を目指す会」より、諏訪酒造(鳥取県)、川西屋酒造店(神奈川県)、神亀酒造(埼玉県)の蔵元をお招きして、「名古屋 純米燗酒を究める会」と題して日本酒会を開催致します。
名古屋純米燗酒を究める会は、美味しいお料理と一緒にじっくりと純米燗酒を合わせる究極のお燗酒の会です。
ぜひ、ご一緒に美味しお料理で純米燗酒を究めましょう。

*なお、今回の会は一般の消費者及び飲食店関係者対象の会です。
酒販店さん、酒類卸売業者など酒類流通関係者の方のご参加はご遠慮下さいますようお願いいたします。

蔵元紹介

諏訪酒造 蔵元 東田 雅彦東田 雅彦
鳥取県八頭郡智頭町 諏訪酒造 蔵元 東田 雅彦
「天の無い酒造り」 酒造りには、終わりがありません。もうこれで良い と言うことが無いと言うことです。諏訪の酒は、このところ私的には進化しているように思えます。
まさに、人(考え方)が変われば、酒も変わる と言うところでしょうか。
熟成の酒は、チーズやトマトソースには、まったりと良く合います。 若い酒は、魚に・・・ 山田を使った酒は、野菜料理に良く合います。
                         まさに、諏訪の酒は食中酒です。

川西屋酒造店 露木雅一露木 雅一
神奈川県足柄上郡山北町 川西屋酒造店 蔵元 露木雅一
足柄山の麓、山北町で造られる純米酒。ちょっとクセが(?)ある酒・・・いや、クセではなく米の味が、蔵元露木さんの気合がストレートに伝わってくる酒です。それほど、真っすぐで・・・ ど真ん中の直球(?)な味の酒ではないかと。
今回は、タンク貯蔵、二度火入れの「丹沢山」を中心に純米燗酒を提供いたします。
蔵元の目指す酒とは・・・「白湯の様に、ゆるゆるといつまでも呑み続けられる酒」

神亀酒造 蔵元 小川原 良征小川原 良征
埼玉県蓮田市 神亀酒造 蔵元 小川原 良征
純米燗酒と言えば、まずは神亀でしょう。 蔵元の付ける燗酒は、まさに変幻自在。1本の純米酒が、燗の温度によって何種類の酒に化けます。 まさに『小川原マジック』 蔵元自らお燗を楽しめる機会はそうそうありません。
上原先生の教え『酒は純米 燗ならなお良し』 この言葉をまさに実体験できるお酒です。

お料理

作成中

お酒の会ですから、未成年の方参加はご遠慮いただいております。

会の詳細

開催日時

 平成27年11月22日(日) 
 午後6:00~8:30(終了予定) 

会場

DONNA LEE (ドナリー)   
愛知県 名古屋市東区東桜1丁目9-35
電話 052-962-8030
当店(酒屋はやし)の北側 2軒目 


料金

お料理とお酒 お一人様 7,000円(消費税込み)

定員 

35名様 (定員になり次第締めきらさせていただきます)

参加お申し込み

酒屋はやし 店頭・電話・メール・ファックスのいずれかにて、お申込みください。
メールでは、代表者のお名前・参加人数・ご住所・電話番号(できれば携帯)・メールアドレスを書いて、 メールアドレス info@sakaya-hayashi.com までメールしてください。
ファックスの場合は、下記から、申し込み用紙をダウンロードして、必要事項をご記入の上、052-961-7505まで送信してください。
いずれの場合も、内容を確認次第、ご連絡させて頂きます。

参加申し込み用紙

電話  052-962-3061 午前7:30~午後9:00 (土曜日は午後8:00)
FAX   052-961-7505
メールアドレス info@sakaya-hayashi.com

酒のなかやさん でも お申込みいただけます。

お問い合わせ

会のついてにご質問等はお電話 又はメールにてお願い致します。
酒屋はやし 052-962-3061 担当 林
メールアドレス info@sakaya-hayashi.com